うつ病の人と運転について【車の運転は控えることが最良の方法】

サイトメニュー

治療費はどのくらいか

悩む男性

うつ病の治療費はひと月6000円程度が目安です。抗うつ剤の種類によっては眠気が強く現れ、運転できないことがあります。タクシー代などもかかると負担が大きくなるので、自立支援医療制度などの公的支援制度を利用するのも一案です。

詳しく見る

うつでやめた方がいいこと

ドライバー

落ち込みなどで精神的にしんどくなったら精神科や心療内科に通院しましょう。全然怖いところではありません。うつ病と診断されたら、ゆっくりお休みしましょう。うつ病の症状や薬の副作用があるので、車などの運転はやめておきましょう。

詳しく見る

様々なタイプがあります

医者と看護師

うつ病は正しい治療を行うことで良い改善が期待できますが、うつ病にも様々なタイプがあるのでまずは自分がどのタイプであるかを把握しておきましょう。病気の際は眠気が出たり、判断が鈍ることもありますので問題なく運転できるかも相談しておくと安心です。

詳しく見る

病気によっては資格停止も

運転

社会的環境が複雑になって来たことから、病気の症状によっては車の運転が禁止されるようになりました。そううつ病も含まれることから、運転に関しては医師の診断を受けることになります。万が一の時には、保険対象から外れることもあります。

詳しく見る

症状が悪化する前に

医者

最悪免許取り消しも

世の中動きが激しくなることで、簡単に周囲の環境に変化が出る時代です。そんな動きについて行くことが出来ず一人悩むと言う人も多くなっています。この悩みが一過性のものであれば良いのですが、悩みが長く続くことで気分が落ち込んだままと言う人も増えています。これらの悩みや落ち込みが10日も20日も続くようでは一過性で済むことがなく、うつ病と言う心配も出て来るのです。このうつ病になると嬉しいことがあっても喜びが半減するとか、喜びを感じないと言う状態になってしまいます。好きだった趣味のことにも興味を示さなくなり、仕事に対してはヤル気が起きないないどの不都合なことになってしまうのです。またこの病気は心の病と言う人がいますが、実際において心は脳と言うことになり、脳の働きに問題があると言うことになります。脳が支配すると言うことから、今度は食事を摂らなくなったり、睡眠障害と言った不眠を起こしたりする体にも問題を起こすことにもなって来ることがあります。動悸が早くなったり、疲労を強く感じるようになったり倦怠感を増すと言ったことになりかねません。うつ病になった時、車の運転は控えることが良いと思われます。車が必要な時代で元気な時は大丈夫ですが、症状が悪化している時は控えることが大事です。また症状の悪い人は、医師の診断から運転免許所へ行き検査を受ける必要も出て来ます。うつ病にかかる人は年々増えていると言われます。うつ病を隠している人も多いのですが、うつ病と自覚していない人もいるため正確な数字は掴み切れないと言うのが本当の所と思われます。隠れうつ病を含めると、数百万の人がその症状を訴えているとも言われます。この病気は男子で営業職などが多いと考えられますが、実際は女性の方に発症する例が多くなっています。女性ホルモンのバランスが崩れた時に起こりやすい病気と考えられています。また複数回と言われる再発型のうつ病も多くなっているのが、最近の特徴と言われます。症状が回復して仕事場に戻ったけれど、再発をしてしまう人も多くなりました。そのため中間管理職と言われる30歳代から40歳代にかけての人の発症が目立つのです。この病は精神的な病気と思われがちですが、身体的にも症状が現れるようになります。ゴルフやボーリングと言った運動が好きな人も家に引きこもるようになり、興味を示さなくなります。食欲減退から睡眠障害と言ったことも起き、肉体的に辛い要因となってしまうことがあります。精神的にも肉体的にもアンバランスな状態が続くことから、車の運転は控えることが最良の方法です。症状が悪化した場合には、運転免許取り消しと言った状況にもなりかねません。問題が起こる前に医師と相談することが、望まれます。