うつ病の人と運転について【車の運転は控えることが最良の方法】

サイトメニュー

病気によっては資格停止も

運転

持病に対する危険性

時代の変化と共に社会環境が変わることで、今まで見えなかったものが見えて来たことがあります。それがパワハラとかセクハラと言うものであり、被害者側のうつ病と言ったものが見られます。うつ病患者が急速に増えたとされますが、以前から多くあったものが表面に出る機会が増えたことも、多くなった理由と考えられます。また今同じように問題となっているのが、認知症の人が行う車の運転です。道路の逆走とかアクセルとブレーキの踏み間違いなど、危険走行が増えています。この認知症同様にうつ病も車の運転は規制され、道路交通法によると一定の持病がある人は病状が出た時のことを考えて禁止しているのです。統合失調症とかてんかん、そしてそうるからつ病も定められています。しかし免許証がないと生活に支障をきたす人も多く、どうしても運転する必要がある人は心療内科などの医師から診断書を書いてもらうことになります。この診断書を持って免許試験場へ行き、適正検査を受けることになります。病気による適正検査を受けることを希望することで、症状の聞き取りなどが行われます。シミュレーターなどの検査を受け合格することで、再びハンドルを握ることが出来るようになるのです。もし病気を隠し運転した場合、保険の対象から外れる場合も出て来ます。社会環境に変化が起き、コミュニケーションが上手く取ることが出来ないなどのことから、ストレスをかかえる人が増えました。ストレスが溜まることで気分が落ち込むとか食欲不振になってみたり、睡眠不足にもなってしまったりするなどの症状を感じる人が多くなっています。働き盛りの人に増えているのも特徴ですが、最近のうつ病の象徴とも考えられています。男性では責任感が強い人に多く見られのですが、女性の場合にはホルモンバランス等の問題があると考えられます。うつ病治療に関しては精神科、心療科などがありますが、初めてと言う人は心療内科が良いと考えられます。症状が軽いうちは人の意識も正常な場合が多く、精神科へ行くとなると抵抗感が大きくなるからです。その点、心療内科となると普通の病院へ通う意識もあり、抵抗感なく病院へ行くことも可能になるはずです。病院へは一日も早く通うようにすべきです。遅れれば遅れるほど、症状が悪化することが考えられ、治りも遅くなってしまうのです。診療内科などへは、軽い気持ちを持たせるようにして家族の人が付き添って行くことが良い方法になります。そして家族の人が詳しい症状を医師に伝えることも、大事なことになります。車の運転なども出来なくなってしまう恐れが十分にある病気です。医師の診断の元で、車の運転をするべきと考えます。